第33回warpセミナー「これからの介護事業は、規模の拡大が必要です!!」|お知らせ・新着情報:栃木県宇都宮市の設計事務所|渡辺有規建築企画事務所

WARP

第33回warpセミナー「これからの介護事業は、規模の拡大が必要です!!」

2010年1月26日(火)33回warpセミナーについてUPします。
今回は、とちぎ福祉プラザの会場をお借りして、開催させて頂きました。

参加者数、28名当日参加の方もお越しいただき、大盛況の上、開催となりました。
ご参加下さった方々、誠にありがとうございました。

今回は、弊社代表の渡辺有規の熱い想いがこもった開会の挨拶から始まり、2部構成の講話セミナーとなりました。

img8ef1ff07zik6zj.jpg

講話第1部

講師:株式会社船井総合研究所 窪田 順司先生

『介護事業に勝ち残るためのポイント』について

imgfe219d53zik5zj.jpg

今回は、講師に株式会社船井総合研究所 窪田 順司先生をお招きし、『介護事業に勝ち残るためのポイント』について、講話を頂きました。 窪田先生は、介護・福祉支援の実績を50施設以上お持ちの、コンサルタントの方です。

講話の内容としましては、
  1. 実績の実例を踏まえた紹介
  2. これからの介護業界について
  3. プロポーザルの成功と失敗を分ける要因
  4. 上手なパートナー選びについて

などを、具体的に・分かり易く・細かい部分までの説明を頂きました。 鋭いポイントが盛りだくさんの講話は、時間があっという間に過ぎてしまいうほど、内容の濃いものでした。
ご参加頂いた方の中には、もっと講話を聞きたかったとアンケートに記載して頂く程、魅力的な講話でした。

imgd18ee8d8zikazj.jpg
img63ce28b3zikbzj.jpg

講話第1部

講師:弊社『介護福祉施設研究プロジェクトチーム』

プロジェクト責任者  常務取締役 渡辺
プロジェクトリーダー 中野

『建築企画のポイント』について

img1899030ezik8zj.jpg
imgbb06549azik2zj.jpg

介護施設を設計する上で、全体フローをもとに、図解・写真を交え、分かりやすく、紹介させて頂きました。
介護施設を設計を進める中で、留意すべきこと、弊社で必ず行っているノウハウやポイントを特別に紹介させていただきました。
内容も、細かな寸法やその理由を、実際の建物の写真や図を使っての説明をさせて頂きました。

img1cb8ffa1zikbzj.jpg

二人の息もぴったりでした。

栃木県の平成22年度老人保健福祉施設整備の募集において、各市町村で内容・募集枠が発表されてきています。
もし、応募をお考えの方、興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非とも、一緒に施設整備のパートナーとして、全社員の熱い想いをもってお手伝いできると思っています。当社までご連絡・ご来社頂ければ、喜んでご相談をお引き受けさせて頂きます。

また、今回のブログをご覧になられ、セミナーの内容・介護事業に関して、興味を持たれた方は、是非気楽に、当社までご連絡・ご来社頂ければ、喜んでご説明させて頂きます。

担当:市川
住所:宇都宮市中今泉3-7-15ark's
フリーダイヤル0120-94-8781
電話:028-610-8833
FAX :028-610-8810

warpスタッフ 高橋


渡辺有規建築企画事務所への資料のご請求・設計無料ご相談など各種お申し込みはこちらから

建築設計に関するどんな些細な疑問・質問にもお答えいたします。WARPへのご要望などございましたら、お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせは028-610-8833まで