渡辺式 介護福祉施設 10のポイント|福祉施設:栃木県宇都宮市の設計事務所|渡辺有規建築企画事務所

WARP

10POINTS.

元気のあふれる介護福祉施設 10のポイント

01. ご利用者、職員の方の双方が
使いやすい全体計画

ご利用者が使いやすいのはもちろんのこと、職員の方がサポートしやすいよう、また、運営側の立場も考え、ひとつの施設に関わるみなさんが幸せに感じて頂けるよう、建物を色々な方の立場から検討に検討を重ね、その蓄積をもって具現化します。

ご利用者にとって、使いやすく、過ごしやすく、心休まるご自分の居場所としての空間を創り、それに加えて、施設の質そのものがかかっている職員の方のサービスの質を支えるため、職員の方にとっても、動きやすく働きやすく、さらには「楽しく」感じて頂けるような空間を実現します。職員の方が元気で明るく、イキイキとしていることで、ご利用者を心から思いやる気持ち・サービスが、自然と生まれます。

02. 光が注ぎ、風が通る
笑顔があふれる空間

建物の配置計画、平面計画は、外部からの太陽の光と、さわやかな風の通る空間とし、建物内はすがすがしく元気な笑顔のあふれる空間とします。また、中庭やテラスを設け、気持ちの良い屋外広場として、直接太陽の光や新鮮な空気を体で存分に感じ、元気と笑顔が生まれます。

03. 脱施設の明るく元気があふれる
空間デザイン

自分の家を建てる場合に、場所、家族構成、生活スタイル等を必ず細かく検討するのと同様に、福祉施設の設計においても、『暮らし』を支えるサービスを大切にし、その業態に合わせ、ご利用者、そこで働く職員の方の笑顔が生まれ、元気があふれる空間を実現します。

04. ご利用者の個室は、画一的になる同じ部屋の繰り返しではない
愛着の持てる変化に富んだそれぞれの空間

家具や建具など、みんな同じ色、同じ形では、やはり施設に住んでいるとしか思えません。例えば、壁は病院を思わせる白一色ではなく、愛着と親しみ、魅力を感じられることを大切にし、より居心地のよい環境を創ります。

05. ミリ単位で計算された
ご利用者が使いやすいディテール

暮らす人:日常の生活の中で、朝起きて、着替えて、歯をみがいて、食事をして、トイレに行って、ときには外出をして、お風呂に入って、夜になったら寝るという生活行為が行われるなかで、なるべく職員の方の手をかりずにご利用者自ら行って頂きたいと考えます。トイレの広さや洗面台の種類・高さなど、ご利用者にやさしい使いやすい空間設定・寸法設定、立ちあがる際のベンチの手かけや段差のない床など、細部にまでこだわったディテールを追求します。

06. シンボル性の高い
親しみやすい建物デザイン

土地の環境や歴史、地域の名物など、建物を計画している土地の背景をまず調査し、それを設計へ取り入れることで、地域の方々の親しみを生みます。例えば、エントランスへ表現することで、建物の顔、地域のシンボルとして、皆が集まる施設をめざします。外部空間としては、デッキや植栽などを設け、憩いのやさしさを建物に付加し、癒しを感じていただき、また、通りから内部の様子が見えることで、地域の方が気軽に訪れることができるよう、地域に対してオープンな建物配置とするなど、建物の表情を豊かにし住まう方、訪れる方の心を豊かにします。

07. 職員の方の目線が通る
平面計画

例えば、中庭を設け、利用者の方々の憩いの場としながらも、スタッフ間の連携に有効な空間とするなど、スタッフの視線が通りやすい平面計画とすることで、スタッフ同士が協力し、どこにいても施設全体をやさしく見守ることができます。

08. 施設の中に地域を取り込む
仕掛けづくり

仲良しで集まることができるスペース、趣昧活動の場、心地よく身体を動かすことができる場、魅力あふれる中庭、地域の方が趣味活動に使用できるスペースなどがあることにより、施設のご利用者は地域で暮らしていることを実感できます。外出によって地域を感じることが難しい場合でも、施設の中に地域を取り込む仕掛けをつくり、施設にいながらにして地域の方が行き交う街を眺め、地域の声を聞き、笑顔に触れ、地域を感じることができます。

09. 自分らしく自由に過ごせる場所と、地域に暮らしていることを
実感できる、『個の尊重』と『心の交流』二つを支える建物

わかりやすい空間構成の中でも、プライバシーが必要な場所は患者さんの気持ちをしっかり考えた上で平面計画し、また医院側としても施設のバックヤードなど見られたくない場所にも配慮した細部計画。窓の位置・ドアの位置・各室との関連性・動線計画極め細やかに計画致します。

10. 五感に働きかける空間づくり

環境が人に与える影響、五感に働きかける空間づくりを重視します。明るい色を目に映し、仲間の声、生活の音を聴き、料理の香り、外からの香りを感じ、おいしい食事やおやつを仲間たちと食べ、自分のペースで動きながら感じる五感への豊かな刺激が与える効果を大切にし、それらをより身近に感じられる建築とすることで、感性に訴えかけます。

無料設計相談

無料設計相談 お電話でのお問い合わせは028-610-8833 受付時間 平日9:00~17:00

詳しくはこちら

  • 医療施設のご提案
  • 福祉施設のご提案
  • 集合住宅のご提案
  • 飲食・物販・健康施設のご提案
  • 個人住宅のご提案
  • オフィスビル・工場のご提案
  • 保育園・幼稚園のご提案
  • 設計のポイント
  • WARP主催セミナーのご案内
  • 土地資産有効活用企画
  • 耐震診断のご案内
  • 万が一に備えて「定期報告制度」
  • リニューアル・リファインプラン
  • お客様インタビュー

渡辺有規建築企画事務所への資料のご請求・設計無料ご相談など各種お申し込みはこちらから

建築設計に関するどんな些細な疑問・質問にもお答えいたします。WARPへのご要望などございましたら、お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせは028-610-8833まで