特別養護老人ホーム整備運営法人選定|福祉施設:栃木県宇都宮市の設計事務所|渡辺有規建築企画事務所

WARP

特別養護老人ホーム整備運営法人選定

koubo20121122.jpgのサムネール画像

多くのすばらしい事業主様との出会いを頂き、公募当選へ向けてのお手伝いから竣工までをお手伝いをさせて頂きました。力をあわせてすばらしい夢を実現できました。各事業主様の理念や運営方針・運営形態に基づいた建物のプランニンング、土地やロケーションにあわせ、それぞれにあった完全オリジナルな住まいが完成しました。

jissekitizu1.jpg

jissekibukkenn2.png




これからは異業種からの新規参入や同業間での競合が激化の中、いかに勝ち残っていくかが重要です。少しでも法人の規模を拡大し、スケールメリットを享受するためにも介護保険の特定施設を増やしておくことは、今後の法人の運営戦略を考える上で最も優先順位が高いものであると言えます。

平成22年度整備法人一覧表
募集内容 募集枠数 定員 市町名 募集内容 募集枠数 市町名
渡辺有規建築企画事務所調べ
混合型特定施設入居者
生活介護事業者
(募集枠 計10)
1 60 宇都宮市 地域密着型認知症
対応型グループホーム
(募集枠 計18)
2 足利市
2 150 足利市 2 栃木市
1 100 2 佐野市
1 50 栃木市 1 鹿沼市
1 50 佐野市 2 日光市
1 50 鹿沼市 1 小山市
1 30 小山市 1 大田原市
1 50 大田原市 2 矢板市
1 30 矢板市 那須塩原市
1 50 さくら市 2 さくら市
広域特別養護老人ホーム
(募集枠 計3)
2 60 宇都宮市 地域密着型認知症
対応型小規模多機能型
居宅介護施設
(募集枠 計33)
18 宇都宮市
1 50 日光市 1 足利市
地域密着型小規模
特別養護老人ホーム
(募集枠 計12)
2 29 宇都宮市 1 栃木市
1 29 栃木市 1 佐野市
1 29 佐野市 1 鹿沼市
1 29 小山市 2 小山市
1 29 大田原市 真岡市
2 29 那須塩原市 大田原市
1 29 さくら市 1 矢板市
1 29 益子町 2 那須塩原市
1 29 芳賀町 1 さくら市
1 29 野木町 1 那須烏山市
2 那須町

現在、栃木県下では、上記の「整備法人一覧表」のように事業所の公募がなされています。既に開設を希望される法人がいくつか出ている案件とまだ出されていない市町村があります。いち早く手を挙げ、入念な準備をすることが必要となります。

下記の「整備運営法人選定結果」の結果を見ますと合計点においては30点以上の差がついていることがわかると思います。申請において、協力するパートナー(コンサルティング会社や設計事務所など)によって、大きな差が生まれるようです。

特別養護老人ホーム整備運営法人選定に当選しました!

ユニット型小規模特別養護老人ホーム整備運営法人選定に
当選しました!

ユニット型特別養護老人ホーム整備運営法人選定に
当選しました!

第4期介護保険事業計画に基づく
特別養護老人ホーム整備運営法人(平成22年度整備文)選定結果
「社会福祉施設等事業者選考専門委員」(外部有識者等)による
2次審査の結果は下記の通りです。
選定法人A 選定法人B 選定法人C 選定法人D
合計平均 84.5 66.6 65.8 53.0
事業の実施方針(15点)
項目平均
13.8 10.5 10.3 7.8
申請者等(20点)
項目平均
16.4 13.9 13.5 10.5
建築計画等(20点)
項目平均
17.8 10.2 14.0 10.3
職員等(10点)
項目平均
8.1 7.8 5.1 4.7
運営計画等(35点)
項目平均
28.4 24.2 22.9 19.7

施設長の声

社会福祉法人南都会 特別養護老人ホーム 元氣の里
角田施設長

渡辺先生と一緒に色々な提案等、勉強を通して、自分自身と施設長としての立場と、法人を見つめ直す部分がたくさんあり、また、経営の面でも勉強になった部分がたくさんあります。

プレゼンをやってみて自分がすごく必要だと思ったことは準備です。これは公募でも評価をして頂きました。渡辺常務、中野さんと綿密な連携をとり、しっかりとした文章や図面をつくりまして、本当にお互い夜も寝ずに徹夜をしてプレゼンに臨みました。そしてプレゼン当日は「これは絶対に通るぞ!」という熱意以外の何物でもなかったです。今思えば自分の施設を見直すいい機会でもありました。今後とも渡辺先生方々とともにお互いに勉強しながら良い施設を創っていきたいです。

ユニット型特別養護老人ホーム整備法人決定

なお、老人健康福祉施設整備に係る法人審査委員会における審査の結果は以下のとおりです。

選定法人A 選定法人B 選定法人C
合計(800点) 680 644 492
1.事業の実施方針(80点) 67 69 51
2.申請者等(112点) 95 106 59
3.建築用地(112点) 98 98 89
4.建築計画(184点) 141 126.5 82
5.資金計画(96点) 96 96 92
6.職位案配置(80点) 68.5 66 53
7.運営計画(136点) 114.5 82.5 66

施設長の声

社会福祉法人ともいき会
守田理事長

私たちの夢が実現しました。400年も前から共に暮らし、お世話になっているこの地域で多くの人々が切望された老人介護施設、その夢が実現できたのです。私たちだけの力では決して成し得なかった成果を多くの皆様のご支援により出せたことに心から感謝申し上げます。特に休日も返上し私たちの夢と希望を具体的なカタチで表現して下さった渡辺有規建築企画事務所の皆様の熱意に心から感謝申し上げます。設計はもちろんの事、申請資料の作成アドバイス、プレゼンテーションの準備など私たちが未経験なところを的確なアドバイスを頂きました事が勝利への近道だったと思います。本当にありがとうございました。今もプレゼンテーションに使用した図面は、大切に展示してあります。それは、訪れる多くの皆様が切望された夢のカタチであり、私たちの理想のすがたであるからです。これからが本番です。私たちの理想の介護を目指し、今後とも渡辺有規建築企画事務所と共に地域に愛される施設を創っていきたいと思っております。更なるご指導、ご鞭撻を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

公募に勝てる想いづくり

法人様の理念、歴史を大切にし、それを見えるカタチにしていきます。どのような施設を創っていくのか、法人様の思いや個性、そして強みを活かした施設づくりを目指し、そこに懸ける熱い想いの共有の基にお手伝いさせて頂きます。

公募に勝てる資料づくり

どんなに強い意志、想いがあっても、公募ではプレゼンでその想いを伝えることが必要不可欠でありその想いを提出書類に宿らせます。そのためには入念な準備が必要です。法人様の素晴らしい想いが伝わる資料づくりを私たちは豊富なノウハウを基にお手伝いさせて頂きます。

公募に勝てるプレゼンテーション

熱い思い、それを伝える資料ができたらあとはプレゼンテーション本番で伝えるだけです。ですがここが一番難しいのです。私たちにお手伝いできるのは例えば当日のネクタイの色までに及ぶきめ細やかなアドバイスと度重なる練習だけです。本番では法人様に私たちの想いも一緒にその熱い想いを発表して頂きます。

私たちは研究プロジェクトを立ち上げ、外部からの専門家を交え日々研鑽に励むと共に、地域福祉への貢献を掲げ、セミナーを開催し、共に皆様と学ばせて頂いております。

koubo_snap04.jpg

ご興味のある方はぜひご連絡下さい。
セミナーのご案内をさせて頂きます。


無料設計相談

無料設計相談 お電話でのお問い合わせは028-610-8833 受付時間 平日9:00~17:00

詳しくはこちら

  • 医療施設のご提案
  • 福祉施設のご提案
  • 集合住宅のご提案
  • 飲食・物販・健康施設のご提案
  • 個人住宅のご提案
  • オフィスビル・工場のご提案
  • 保育園・幼稚園のご提案
  • 設計のポイント
  • WARP主催セミナーのご案内
  • 土地資産有効活用企画
  • 耐震診断のご案内
  • 万が一に備えて「定期報告制度」
  • リニューアル・リファインプラン
  • お客様インタビュー

渡辺有規建築企画事務所への資料のご請求・設計無料ご相談など各種お申し込みはこちらから

建築設計に関するどんな些細な疑問・質問にもお答えいたします。WARPへのご要望などございましたら、お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせは028-610-8833まで