渡辺有規式 Q&Aで知る建物づくりの進めかた|

WARP

渡辺有規式 Q&Aで知る建物づくりの進めかた

よくあるお問い合わせ

住宅や店舗、事務所など建物を建てよう!
感動ある素敵な建物を建てたい!
...でもよくわからないこと が多いと思います。
一生に何度もない大切なことですから、失敗のないように進めたいですよね。
その手助けを建て主様の為だけに本気で取り組むのが私たち設計事務所です。
ここではQ&A形式を通して建物づくりを説明させて頂きます。少しでもそのご理解の手助けになれば良いと考えております。わからないことがあればぜひお気軽にご連絡ください。

建物づくりのパートナーを選びましょう

建物を建てるのには誰に相談すればよいのでしょう?建物づくりを進める間、そして出来上がった建物とは何十年という長いお付きあいになりますので慎重に選びましょう。

建物づくりのパートナーって誰?open

建物づくりのパートナーは設計事務所だけです。私たち設計事務所は依頼を受けた建て主様の想いをどうやって実現していくかを真剣に一緒に考えます。言葉やカタチにならないその想いや夢を代弁するように具体的につくっていきます。私たちはものを売るのではなくものをつくる、そしてものづくりを通して建て主様の感動と喜びをつくることを我が喜びとして、使命として設計にあたっています。建て主様を愛し、建築を愛するからこそ可能となります。

設計事務所とは?open

設計事務所は建て主様の本当にほしいものを、言葉にならないビジョンや夢をカタチにする習慣がついています。私たちの設計する建築はひとつひとつが大切な作品であり、そのひとつひとつに深い情熱を傾け、愛する心をもって設計にあたります。それはまず何よりも建て主様を想い、愛することから始まります。

過去の経験と実績から材料ひとつひとつに思いを馳せ、物の良し悪しを吟味していくモノづくりの原点がそこにはあります。ですからお客様に本当に似合うものは何か、オートクチュールの建築を提案できます。

最初の提案で感動して頂き、また、要望をお聞きし、その問いかけにどう答えるか。次の打ち合わせでまた感動して頂き、毎回の打ち合わせが建て主様にとっても私たちにとっても楽しみになるものづくりを通して未来づくりを一緒に楽しんでいく。それが私たちの姿勢です。

設計事務所と設計施工の会社との違いは?open

私たちのお客様は建て主様だけです。その価値の判断は建築を通して感動を創れるか。お客様の喜びを創れるか。私たちは建て主様のことだけを考えます。私たちは建て主様を守る弁護士として純粋に、ひたむきに私たちの使命である建て主様の感動と喜びを創るため親切に、素直に、一所懸命に取り組みます。

施工をご親戚やご友人に頼みますと[建て主様―施工会社―設計事務所]という構図になり、私たちは建て主様を守ることができなくなります。

代表の渡辺曰く「若いころに大変苦労を致しました。「丸い壁を四角にしろ」ですとか「塗り壁をビニルクロスに変えろ」と言われました。指示命令系統を考えれば仕方のないことです。ですから建て主様の建築の為に何が何でもやり遂げる決意をしました。その決意のもとに会社を創業し23年間1021棟の建築、1000名を超える建て主様、全ての方々と真剣に取り組んできました。深く深くデザインを追及したり、時に施工会社と闘ったりもしました。今思えば不器用でした。それしかできなかった。しかし、その決意が揺るがない第一歩となり、今日までに1000人を超える建て主様の笑顔と感動を築きあげてまいりました。」

現場の目線ではなく建て主様の目線で建築を創る。それが施工をやらない設計事務所の大きな強みです。

いくつかの気に入った設計事務所から提案してもらうことは可能ですか?open

喜んでご提案します。お客様の夢や想いをお聞きし、必ず感動するご提案をする自信があります。ただし、その際には事前にその旨をお伝えください。お客様との信頼関係が第一だと考えておりますのでご了承下さい。

気持ちが通じない方には希望や要望も通じないと思いますのでお客様にとって相性が合う、良いものを創ってくれそうだと感じた相手を選ばれるのが一番だと思います。

設計事務所に頼まなくても建物を建てられますか?open

できます。ただし、建物を建てるには法律に対する確認申請の図面、見積もりの為の仕様の分かる図面、工事の為の詳細な図面などの多くの図面が必要であり、必ず建築士が関わっています。

その建築士とお客様の間が一番近いのが設計事務所であり、設計事務所はお客様の為に図面を描きますのでお客様のご希望やご要望が最も反映されやすいと言えます。

設計事務所ってどんなところで、何をしてくれますか?

建物づくりのその前にまずは設計事務所とは何なのか。私たちはお客様のである建て主様の為に全力で取り組む弁護士であり、彫刻家であり、良き友人です。

設計事務所って何をしてくれますか?open

私たちは建て主様の感動を、喜びある未来をつくります。住宅であれば奥さまや子どもたち、家族の深い愛をどうしたらつくれるか。店舗であればお客様の溢れる笑顔を、そこに働くスタッフの輝く笑顔をどうしたらつくれるか。私たちはそれを日々考えています。何をしてくれるかと問われれば「共に未来をつくりましょう」そう答えたいと思います。建物は未来への大きな第一歩であり、大きな決意です。家族への愛を実現するのが設計事務所です。設計は格闘技、真剣勝負です。偉大な決意をお手伝いする決意が必要です。

第1に建主様の価値観や想いを共有して、その建主様にあった世界でたったひとつの感動する建築をカタチにするお手伝いをさせて頂きます。

第2に数社に競争で見積もりを出してもらうことで、適正な価格で質の高いもの建築を創ります。また幅広い設計を行っていますので金額の大小に関わらず必ず満足して頂ける設計を致します。

第3に工事において建主様の代わりに専門家として建物が完成する最後の最後までお客様の為に考え、厳しくチェックをし、一切の手抜きを許しません。

第4にアフターサービスにおいても常にお客様の立場で考え、お客様の利益を第一に対応いたします。一生涯のお付き合いをさせて頂けるのも設計と施工が一体でない設計事務所だからです。

設計事務所に依頼したいのですが、どうしたらいいですか?open

私たちはお客様との出会いを心よりお待ちしております。人生の中で多くの方々と出会ってきました。おかげさまで年賀状は3800枚ほど送らせて頂いております。でもまだ3800枚。限りある人生の中で建て主様に出会えるのは星の数のなかからひとつの光輝く星に出会えるようなものです。一生涯にそんなに多くの方々とは出会えません。ですから出逢った方には最大の愛とまごころをもって接し、設計をとおして感動を共有したいと思っています。また、30数年間そうしてきました。いまでは建て主様の息子様から設計を依頼されることもございます。出会いこそが愛です。

いつでも電話やメールでご連絡頂き、お話をお聞かせ下さい。事前にご連絡いただければ日曜・祝日でも対応できますのでお気軽にご連絡ください。お客様の想いをお聞かせ頂ければその後どのように進めていけばよいのか、一所懸命お手伝いさせて頂きます。

相談は費用がかかりますか?open

相談は無料です。お気軽にご連絡ください。企画提案プレゼンをさせて頂きお客様がご自身の建物を任せようと思われるまでは費用は発生しません。

設計事務所に頼むと設計料の分だけ高くなるのですか?open

そうではありません。私たちは実施図面に基づき、等しい条件で数社の建設会社に競争見積もりをとることで市場の原理を働かせ、さらにその見積もりをチェックすることで建て主様に正しい価値を明確にご提示できるよう協力させて頂きます。私たちは施工をしない設計事務所ですから、お客様の大切な資産を守る弁護士として公正な立場で取り組みます。

それにより適正な価格まで下げる事によって十分に設計料はまかなわれるものと考えております。さらに私たちがお客様になり替わり工事監理をすることによって、手抜き・間違い工事を必ずなくし、さらに建築家という設計のプロの視点だから気づく細かい部分にも配慮をいきわたらせることで、より質の高い建築をつくります。それによって満足を超えた感動を建て主様に提供させて頂きます。

私たちは、建て主様の財産を十年、二十年先まで見越してアドバイスしています。万が一建設会社が倒産した場合でも設計事務所がサポートさせて頂きます。

また、設計料が無料と謳われている場合でも、申請や工事の図面など、必ず設計業務は必要です。その費用は工事費の中に含まれている場合がほとんどです。

設計料の目安はどのくらいですか?料金はいつ支払うのですか?open

設計料は用途や金額によって異なりますが住宅でおおよそ工事費の10%前後です。

企画提案を気に入って頂いたらまずは「設計監理契約の申し込み」を頂き、その際に設計監理料の一部を内金としてお預かり致しております。申し込みを頂いてから基本設計でご納得のいくまで詰めて「設計監理委託契約」をさせて頂き、実施設計へと移行していきます。

設計監理料の支払時期は、基本的には設計監理委託契約時に全体の1/2、工事着工時に1/4、竣工時(建物引渡時)に1/4ですが、資金計画によってご都合に合わせることも可能ですのでご相談ください。

予算の大きい建物しか設計しないのですか?小さな工事も頼めますか?open

どんな小さなことでもご相談ください。小さな工事ほど設計事務所が必要です。例えば250万円の工事で50~60万くらい変わってくることもあります。見積もりを取り適正な価格で行うことが最善の策であることを、チェーン展開をしている会社様、つまりプロの建て主様が私どもに店舗改装の依頼をしてくださっていることで証明されていると言えるのではないでしょうか。

また、私たちのように幅広く自由に活動させて頂いている設計事務所は対応力が違います。ハイクラスからローコストまで、大きな病院から住宅の改装に至るまで幅広く設計を行っていますので是非一度お気軽にご相談ください。

規模が小さい改装なのですが設計事務所に頼むと割に合わないでしょうか?open

規模が小さいほどしっかりと適正な金額で行うことで、安くできる金額が全体に占める割合が大きくなります。弊社では規模に関わらず喜んでお受けいたしますので是非お気軽にご相談ください。安くて質の高いご提案を致します。

実際に設計した建物は見られますか?open

喜んでご案内させて頂きます。建築は人が利用して完成すると考えておりますので、実際に使用されている建物を見て頂けることは大歓迎です。先方の都合もございますのでお早めにお問い合わせください。また、建物完成時の見学会をご案内できる場合もございますのでお気軽にご連絡ください。

事務所を拝見することはできますか?open

大歓迎です。ぜひとも私達の事務所を見学に来てください。設計のプロセスを目の当たりにできます。スタッフの情熱のまなざしを感じていただけることでしょう。

いつでも、夜遅くでも大丈夫です。スタッフがいつもおりますので、何時でも結構です。

そちらの事務所から遠いのですが、設計はできますか?open

弊社では国内では北は秋田から南は大分まで、また、海外での協力も行った実績があります。幅広く対応させて頂いておりますのでご安心ください。

資金計画をしましょう

まずはおおよその資金計画をたてましょう。土地や建物にどのくらいのお金をかけられるかを把握しましょう。

資金計画はどのように立てたらよいのでしょうか?open

まずは掛かる費用を洗い出しましょう。土地代、建築工事費、各種申請料(確認申請等)、家具、家電、引越代、保険料、税金(不動産取得税等)などがあります。目安としては土地代+工事費+工事費の10%程度がかかるといわれています。

融資を受けるのであれば、工事の日程と融資金額及び返済計画を立てる必要があります。銀行窓口やHP等でご確認下さい。

建築工事費以外にどのような費用がかかりますか?open

印紙税、登録免許税、不動産取得税、融資に係る諸費用、各種保険料、親などから土地などを贈与される場合は贈与税、また、建築工事に家具などがどこまで含まれるかをしっかり確認しましょう。家具・カーテンや家電などの耐久消費財を新しく購入する費用も必要です。住宅金融支援機構の調査では一戸建て注文住宅の平均で193万という結果が出ています。引越しの費用、建て替えの場合、仮住まいの費用も忘れないようにしましょう。

融資にかかる諸費用は?open

住宅ローン関連の諸費用はおおよそ借入1000万あたり30万円程度といわれています。ローンの事務手数料、印紙税、抵当権設定費用、また、住宅ローンは原則的に火災保険への加入が必要になります。建設費・建物の構造、金融機関などにより金額や掛け率が異なりますので銀行窓口やHP等でご確認下さい。

どのくらいの自己資金が必要ですか?open

金融機関の融資条件により異なります。もちろん自己資金割合が多いほど返済計画は楽になりますが、全額融資を受けられる場合もあります。ただし、申請手数料や保険料、引越代など現金でのご用意が必要になるものもございます。

予算があまりなくても希望の建物ができますか?open

予算とご要望を打ち合わせの中で予算とお客様の希望をお伺いし、お客様の本当に望むものは何かをみつけ、予算とすり合わせる作業も設計のなかで重要なポイントとなります。

土地を選びましょう

住む場所、お店や事務所を出す場所はとても重要です。建物は土地がないと建ちませんし、建ててしまうと動かせませんから先を見据えた場所選びをしましょう。

敷地を探しているのですが、相談はできますか?open

喜んでお受け致します。始めに希望や要望をお聞きかせ頂ければ、その希望に適した理想の土地探しをアドバイスすることもできます。また、いくつかの候補はあるもののどこに決めたらよいか分からない場合にもプロの視点から様々なアドバイスをさせて頂きます。敷地には、見るだけでは解らない事が沢山あります。地域・地形・道路・方位・周辺状況・水道などのインフラ等が建物の計画や工事金額を大きく左右します。是非ご相談下さい。

どんな土地を購入すればよいのですか?open

土地を購入するということは、同時に周辺の環境も購入するということです。時間帯や曜日、天候の違う日に何度か現地を見に行きチェックすることが必要です。

お客様の条件やご要望にあった土地のご紹介や、検討中の土地についてのプロの目からのアドイスもいたします。今のご自身の生活をその場所でシュミレーションしてみてください。その中で優先されるもの、他の手段で置きかえられるもの、必要ではないものなどを整理してみましょう。

  • 土地の面積、形状
  • 日当たり、風向き、風通し
  • 道路関係
  • 上下水道、ガス、排水施設
  • 地盤
  • 交通の利便性
  • 生活の利便性
  • その他の環境
  • ご近所付き合い etc...

複雑な形状の土地や高低差がある場合でも計画できますか?open

ハウスメーカーさんに無理と断られるような敷地でも建築が可能である敷地であればご提案できます。むしろお客様の個性に合わせ、その厳しい敷地の状況に合わせた建築はオリジナリティの強いものになることでしょう。弱みを強みに変換させればあきらめる必要はありません。

スケジュールを決めましょう

建物づくりはお客様の人生設計の大きなポイントになるのではないでしょうか。おおよその計画ができましたらお早めに相談されることをお勧めいたします。

設計から建物が完成するまでどのくらいの期間が必要ですか?open

一般的な目安としては住宅で設計に6カ月、工事に6カ月、合わせて1年くらいです。設計にかかる期間や工事にかかる期間は敷地条件や規模、構造によっても大きく変わってきますのでまずはいつまでに新居へ引越ししたいですとか、いつまでにオープンしたいなどの希望をもって早目にご相談することをお勧めいたします。

建物を建てるには多くの事を決めなければいけませんので、期間が短いとゆっくり悩む時間がとれません。建築をお考えでしたらなるべく早めのご相談をお勧めいたします。

設計にかかる期間や工事にかかる期間は敷地条件や規模、構造によっても大きく変わってきますので、まずはいつまでに新居へ引越ししたいですとか、いつまでにオープンしたいなどの希望をもって早目にご相談することをお勧めいたします。

工事に適した時期などがあれば教えてください。open

年間を通した季節でいえば梅雨どきの雨と冬の寒さを考慮するとよいです。木造住宅でいえば3~4月に着工し、梅雨入り前に上棟して屋根をかけるか、梅雨明け後の7~8月に着工すると構造体である柱や梁が雨や湿度の影響を受けにくくなります。またコンクリートを打設する時期は厳冬期を避けた方が良いです。

ただし、店舗などであればオープンの時期や住宅であれば引越しやお子様の進学などの時期に合わせてということもあると思いますのでその都度ご相談させて頂いております。

どんな建物にするか考えましょう

建物づくりのパートナー選びと共にお客様が求めている建物はどんな建物なのか考えてみましょう。

良い環境をつくるためにはどうしたら良いですか?open

私たちは建物をつくるときにその土地の持っている個性や周辺環境も含めてそこに建つ建築が光輝くように、建物の配置、外観及び内部からの景色、外構計画を練っていきます。また、良いという価値観は建て主様それぞれによって違いますから建て主様の要望・ビジョンを深く伺い、そこにある未来を創造します。計画が具体的になってきましたら、その土地で具体的な生活をシュミレーションしてみるのもよいでしょう。隣地との関係や道路からどう見えるか、駐車場の出入りなど実際の敷地に立って想像してみると良いと思います。

個性的な建物はどのようにしたらできますか?open

まずはお客様の夢や想いをお聞かせ下さい。打ち合わせの中でそれを膨らませて共通のコンセプトやイメージを一緒に練っていきましょう。初めは具体的でなくても構いません。打ち合わせやプレゼンテーションを何度も重ねていくうちにお客様と私たちの考えが一体になっていき、そのお客様に合わせた(つまり個性的な)そのお客様らしいオリジナルの建築が出来上がっていきます。これはお客様と共にゼロからスタートし、打ち合わせを重要視する設計事務所の強みだと思います。

変わった建物でなくてもよいのですが...?open

設計事務所に頼むと変わったものができるというのは誤解です。他人からみて変わったものでも建て主様にとっては自分に合った"普通"なのかもしれません。私たちはお客様の感動を最大の目標としておりますので建て主様の要望を無視しては決してそこに感動はないと考えます。要望をしっかり聞取り、本当に建て主様が望んでいることを感じ取り、建て主様の想像を超えて初めて感動が生まれます。

店舗併用住宅や事務所併用住宅なども可能ですか?open

もちろん可能です。弊社では住宅から店舗・事務所・病院・老人ホーム・マンションなどの多岐にわたる専門のプロジェクトを立ち上げ日々研究を重ねております。複数の用途の建物に対しては各プロジェクト間で設計チームを組み、最高の建築を提供できるよう体制を整えておりますのでご安心ください。

リフォームの相談にのってもらえますか?open

喜んでお引き受けいたします。住宅リフォームの経験、店舗改装で培ったノウハウを活かし、いつまでも愛される建物づくりをお手伝いさせて頂きます。

構造は何造ができますか?open

弊社では幅広い設計実績がございますので木造、鉄骨造、RC造問わず、コンセプトや予算に合わせた、その建物に最適な構造形式を選択できます。構造専門の事務所とも協力をしあいながら強く美しい構造を目指しています。

高気密・高断熱にできますか?open

仕様は自由ですのでもちろんできます。高気密・高断熱にするには特に外部と内部の境界がポイントになってきます。外壁や窓、屋根や換気扇などを工夫することで可能になります。ただし、人が快適だと感じる環境をつくるには間取りや窓の位置、敷地の周辺の状況など様々な要素によって決まってきます。そのなかでお客様のライフスタイルや予算に合わせてバランスを取りながら設計を進めていきます。

お打合せ・アンケート・ヒアリング

まずはお客様についていろいろと伺わせてください。お客様の光輝く未来を創造するためにもより深くお客様を知りたいと考えています。それから計画の概要、ご要望を伺います。※土地の資料などがございましたらご準備願います。建物の考え方、仕事の進め方などを説明し、これまでの設計例などを見て頂きます。

自分たちのイメージはどのようにして伝えたらよいですか?open

どんなかたちでも構いません。お客様の言葉にならない想いやビジョンを感じ取ることが設計打合せでの大変重要な部分となり、お話をさせて頂きながらお客様の要望に光を当てていきますのでご安心ください。もちろん写真や雑誌をお持ちいただければ、なお分かりますし、好きな家具や雑貨、または趣味などの資料でも結構です。最も大切なのは建て主様とたくさんお話をさせて頂くことだと考えます。

自分たちの要望がよくわからないのですが...?open

ご安心ください。お打合せのなかで必ず本当に求めているものが見つかります。初めは言葉にならなくとも、お打合せを重ねていく中でお客様の要望が引き出されていき、いつのまにか毎回のお打合せが楽しくなるはずです。私たちはお客様から聞きとる、感じ取ることを重要視しております。

企画提案プレゼンテーション

企画提案をご覧頂き、建物づくりの進め方、設計監理料についてご説明いたします。また、必要に応じて、家賃査定、工事費の概算、事業収支などを作成いたします。

申し込みの際に料金は発生しますか?open

申し込みを頂く際には設計監理料の一部を内金としてお預かり致しております。企画提案プレゼンテーションで方向性や私たちとの相性について、ご一緒に建物づくりをしていけると感じて頂けましたら基本設計に移行していくためにお申し込みを頂いております。

申し込み後の変更はできますか?open

申し込みは計画を確定するものではございません。計画案は基本設計にて詰めていきますので企画提案で感じて頂いたものよりさらに感動のできる計画をさせて頂きます。

設計監理契約申し込み

企画提案を気に入って頂き、弊社と相性が良いと感じて頂けましたら、お申込みを頂き基本設計に 移行していきます。

基本設計

お客様の夢や想いの全てをお聞きし、共に夢を膨らませ、数十年後の未来を創るべく計画をさらに練っていきます。

基本設計ではどのくらい打ち合わせをしますか?open

スケジュールや規模にもよりますが月に2~4回程度になります。建て主様のスケジュールに合わせて曜日を問わず柔軟に対応させて頂いておりますのでご安心ください。またお打合せ場所に関しましても建て主様のご自宅や弊社の会議室などで行っております。

今使っているものや新しいもので使いたいものがあるのですが設計に入れてもらえますか?open

はい、喜んでお引き受けいたします。思い入れのあるものなどはその建築を輝かせる良いスパイスになるように、大切に計画させて頂きます。その他にもご要望がありましたらお気兼ねなくおっしゃってください。私たちは建て主様の良きパートナーとして建築を通して感動をつくるための努力は惜しみません。ご遠慮なさらずに要望は全てお聞かせください。なんでも相談してくださることは私たちにとって喜ばしく大変嬉しいことです。

設計監理委託

基本設計が完了した時点で契約をさせて頂きます。

実施設計

基本設計を基にディテールに思いをこめ、見積もりができる、そしてお客様の感動を確信できる図面を描いていきます。

実施設計とはどんな事をしますか?open

基本設計を基により詳細な図面を描いていきます。基本設計で積み上げてきた方向性を踏襲しながら実際に建ち上がったときの雰囲気や空気感に想いを馳せ、また、そこに生まれる笑顔と感動を想像しながら、ディテールを練り、詳細な検討をしていきます。実施設計期間中も様々な部分についてお打合せをさせて頂きながら、最後の最後まで真剣勝負の設計をさせて頂き、見積もりができる、そしてお客様の感動を確信できる図面を描いていきます。

構造計算は必要ですか?open

木造であれば階数2階建て以下且つ延べ面積500m²以下、また鉄骨造、RC造などの木造以外では1階建てで200m²以下であれば構造計算は必要ありません。それよりも規模が大きくなりますと構造計算(※)が必要になります。また、住宅などの木造建築物では2階以上又は延べ面積50m²以上で軸組計算という簡易計算によって構造の安全性を確かめています。

※建築基準法第20条に規定される構造体力の基準に適合することを確かめる計算をいいます。

各種申請(確認申請等)

確認申請とは何ですか?open

確認申請とは建築しようとする建物が建築基準法に適合しているかどうかを役所または民間の確認審査機関に申請をするものです。原則的には確認申請を通さなければ建物を建てることができません。構造計算偽装事件以後、審査の厳格化が図られ確認申請を通すのに時間がかかり全体のスケジュールに大きく影響しますので注意が必要です。

見積もり合わせ

実施設計図面を基に工事費、実績、経営状況などからその工事に適している数社の建設会社に見積もりを依頼します。

見積りのチェックなどはして頂けますか?open

必ず行います。見積比較表を作成し、各社の見積もりを比較することで正しい価格を明確にします。それと同時に、抜け落ちや意図と違う材料や工法による見積りがなされていないかをチェックします。

建設費を予算どおりに進めるにはopen

適切な施工会社の数社選定し、競争見積りを行っています。それにより適正な価格で建物づくりをするようにしていますが、ただ単に安ければ良いということではありません。しっかりとした施工技術と監理能力、完成後のアフターフォローまで誠意ある対応の施工会社でなければなりません。

より安く、より質の高い、クオリティ高い建物の提案がなされるように取り組んでおります。

県下民間ナンバーワンの実績より、必ずご満足いただけるものと確信いたしております。

予算少々オーバーの場合でも、蓄積された経験と技術力で、VE提案(バリュー・エンジニアリング)、CD提案(コストダウン)により、予算通りの価格に収めてまいります。

建設業者や各種工事業者の指定はできますか?open

可能です。お知り合いの方に特定の工事だけお願いすることもできますし、競争見積もりに参加して頂くことも可能です。詳しくは事前にご相談下さい。

工事請負契約

工事請負契約は建て主様と建設会社の間で結んで頂きます。

地鎮祭・工事着工

実際に現場にて図面がカタチになっていきます。工事期間中はおよそ月に2回の定例会議で建て主様への報告、詳細に関する打ち合わせを行っていきます。

工事監理とは何ですか?open

建て主様の想いを込めた設計図通りに建物ができるよう工事に対して厳しい立場で挑むことが工事監理です。

全体工程を監理し、また細部に亘り施工状況の検査をします。(職人さんの仕事+建設会社の監督+設計事務所の監理)三段階のチェックで手抜き・間違い工事を必ずなくし、大切な建物の施工精度を高めます。

また、ディテールを大切にします。私達建築家だからこそ気づく細やかな部分にも現場で指示をし、より質の高い建物をつくります。

設計と施工と分離だからこそ、私達は建て主様の弁護士として厳しい立場で挑みます。また、定期的に開かれる定例会を通して現場での変更の調整、カラーリングなどの最終決定などを行っていきます。

「工事監理」の内容
  1. 工程表通りに工事が進んでいるか。
  2. 実施設計図通りに施工が行われているか。
  3. 実際の空間をみて素材の色・材質の最終決定。
  4. 建主の要望変更に伴う施工業者との協議。
  5. 官公庁等の各種検査の立会い。
  6. 現場定例会議での通知・協議(原則2回/月で会議を開催します。)

現場定例会議は建主の方にも参加していただいきます。時々現場に足を運ぶことをお勧めします。図面で想像していたものとは驚きと喜びが実感できると思います。

竣工・建物の完成・引き渡し

建設会社の自主検査、私どもの下検査および本検査と3段階のチェックでお客様に大切な建物をお引き渡しするその瞬間まで気を抜かず最高の建築を目指します。

アフター

建て主様との出会いに感謝し、私たちは一生涯のおつきあいをさせて頂いております。

設計事務所に依頼した場合アフターサービスはどうなりますか?open

「一生涯のおつきあい」が私達の理念です。何かお困りのことがあれば直ぐに弊社にご連絡頂ければ迅速に対応させて頂きます。迅速に100%アフターに対応することができるのは私達が設計事務所だからです。工事不良が原因と見られるトラブルに関しては施工した建設会社に対応を求めます。また、いつまでも愛される建物になるよう、増改築のご相談やお手入れ方法のア ドバイスなどもさせて頂いております。


  •  HOME
  • 渡辺有規式 Q&Aで知る建物づくりの進めかた

無料設計相談

無料設計相談 お電話でのお問い合わせは028-610-8833 受付時間 平日9:00~17:00

詳しくはこちら

  • 医療施設のご提案
  • 福祉施設のご提案
  • 集合住宅のご提案
  • 飲食・物販・健康施設のご提案
  • 個人住宅のご提案
  • オフィスビル・工場のご提案
  • 保育園・幼稚園のご提案
  • WARP主催セミナーのご案内
  • 土地資産有効活用企画
  • 耐震診断のご案内
  • 万が一に備えて「定期報告制度」
  • リニューアル・リファインプラン
  • お客様インタビュー

渡辺有規建築企画事務所への資料のご請求・設計無料ご相談など各種お申し込みはこちらから

建築設計に関するどんな些細な疑問・質問にもお答えいたします。WARPへのご要望などございましたら、お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせは028-610-8833まで