スタッフ募集|会社案内:栃木県宇都宮市の設計事務所|渡辺有規建築企画事務所

WARP

スタッフ募集

recruit.png

今年も、一緒に働く仲間を募集します!
渡辺有規建築企画事務所は、栃木県で民間設計実績No1!

誰よりも早く成長したい、どんどん新しいことに挑戦したい

そんな人財を募集しています。
 

渡辺有規建築企画事務所 採用特設サイトはこちら

| 経験者採用について | 新卒採用について | 求める人物像とは? | お問い合わせ |

| 新卒社員インタビュー | 中途社員インタビュー |

 

 

平成29年度 新卒採用について

募集対象業務 建築意匠設計士

◎取り扱う案件は幅広く、住宅、医療・福祉施設、商業施設、保育園、幼稚 園、工場・オフィス、マンション、庁舎等となります。

  当社がこれまで携わったことのない案件にもどんどんチャレンジしてい ただきます!

◎弊社は少数精鋭のプロ集団です。

 案件そのものをトータルにお任せします。
建築に関わることが好きな方であれば、大きなやりがいを感じることで
   しょう!

募集対象者 2017年3月大学卒業、
若しくは大学院修了予定者 及び 既に卒業をされている方

(建築系大学専門課程を専攻)※建築・土木系の方に限ります


本社(栃木県宇都宮市)での勤務となります。

 

IUターン者歓迎

8:30~17:30  車通勤可


採用の流れ

◎会社説明会・会社見学(東京会場・宇都宮本社)

  どのような会社か、仕事風景などを見て感じていただきます!

 

◇履歴書郵送をもって、選考会申込みの受付といたします。

 

   

 ◎一次選考会 筆記試験(詳細は説明会でご説明いたします)

【一次選考会時にお持ちいただくもの】※用意できるもののみで結構です。

      ◇成績証明書
      ◇健康診断書
      ◇卒業見込証明書または終了見込証明書


◎二次選考会 面接試験

【面接試験時にお持ちいただくもの】 

    
 ◇ポートフォリオ(在学中の作品または設計実績を説明できる資料)
      ◇推薦書(指導教官の紹介状などがあればお持ちください)

◎最終面接

社長との個人面談を予定しています。
社長とじっくり建築についてお話ししましょう!

応募方法 まずは、お電話(028-610-8833)もしくは、お問い合わせフォームにてご連絡下さい。【採用担当:市川(イチカワ)】
※お問い合わせフォームでは、"ご要望・お問い合わせ"の部分に「新卒採用の件」であることをご記載下さい。
※会社見学は随時行っておりますので、メール・お電話にて
いつでもご連絡お待ちしております。
  
    
        
 
 【採用者出身大学一覧】

早稲田大学       東京藝術大学       東京理科大学   

千葉大学        芝浦工業大学       新潟大学     
多摩美術大学      
武蔵野大学        宇都宮大学      神奈川大学       東洋大学         工学院大学      金沢工業大学      日本大学         千葉工業大学    女子美術大学      オハイオ州立大学     小山工業高等専門学校                                 その他

 

 

経験者等の採用について

募集対象業務
  1. 建築意匠設計・構造設計・設備設計
  2. ◎医療・福祉施設、幼稚園・保育園、集合住宅、店舗、個人住宅、オフィスビル・工場等の企画、設計、監理
     

    《具体的には・・》
    様々な分野の建築を手掛けているので、あなたの個性を活かした建築が可能です。公共はもちろん、民間の設計依頼が多数あります。

    企画の段階から携わり、建築目的を成功させるべく、
    夢、理念を共有し、建主様の想像を超えるものを共に創り上げましょう!

  3. 企画提案営業
  4. ◎官公庁・民間企業・個人のお客様への企画提案営業
    ★これまで営業には力を入れてこなかった当社ですが、より多くの方に美しいデザイン、建築の素晴らしさを伝えるという使命を強く感じています。そこで共に働く仲間を募集します!

    《具体的には・・》
    官公庁へのご挨拶・入札、民間企業への商談・企画提案、個人のお客様へのきめ細やかなフォロー等
    当社の企画・設計力に期待されている全てのお客様への対応を担当。

    ※成果に応じた賞与(インセンティブ)も支給します。
     

募集対象者
  1. 建築意匠設計・構造設計・設備設計
  2. ◎建築系の高卒・大卒以上
    ★建築設計、意匠・構造設計の経験者優遇(実務未経験も歓迎)
    ※要普免
     

  3. 企画提案営業
  4.  ◎同業種もしくは不動産・医療関連等での営業経験者(3年以上)
    大卒以上 ※要普免
     

給与
  1. 建築意匠設計・構造設計・設備設計
  2. 高専卒  月給21万円以上
    大卒以上 月給22万円以上
    ※共に一律手当あり ※上記は未経験での給与
    ※経験・能力を考慮します


    【年収例】
    28歳 入社4年目/年収450万円/月給30万円
    38歳 入社6年目/年収600万円/月給45万円

     

  3. 企画提案営業
  4. 月給24万円以上
    ※経験・能力を考慮します
     

待遇

・福利厚生

  1. 建築意匠設計・構造設計・設備設計 
  2. 企画提案営業
  3. 社保完、昇/年1回、賞/年2回
    特別賞与、交通費規定支給
    教育・研修制度あり
    海外視察研修あり
     

応募方法 まずは、お電話(028-610-8833)もしくは、お問い合わせフォームにてご連絡下さい。【採用担当:喜久(キク)、市川(イチカワ)】
※お問い合わせフォームでは、"ご要望・お問い合わせ"の部分に「経験者  採用の件」であることをご記載下さい。
※面接時の交通費に際し、支給します。
 

我社の求める人財とは?

1. 感動のできるひと

建築を生業とすることを志そうとこのページをご覧になって下さっている方は、建築に何を求めていらっしゃいますか。
私たちは、建築は感動づくり、そしてその先の幸せをつくることだと考えています。簡単に言えばお客様の笑顔をつくること。どんなにキレイな建物を建てても、新しいデザインをしても、そこに笑顔がなければつくる意味はありません。私たちにとっては建築を通してお客様と一緒に感動を分かち合うことが何よりもうれしいことです。
私たちと一緒にお客様と感動を分かち合いましょう。

2. 共に成長できるひと

ご存知のように、建築をつくることは簡単なことではありません。お客様はおおきな夢をもって、人生をかけて建築をつくる決意をされます。私たちはその夢を最高のカタチで実現させるパートナーとしてそのお手伝いをさせて頂くのです。ですから私たちもそのパートナーとしてふさわしくあるように日々研鑽に努めています。その人間の器以上の設計はできない。そう考えるからです。思いやりのない人に思いやりのある設計はできないと私たちは考えます。
私たちと一緒に自分を磨きましょう。

3. 素直なひと

私たちの姿勢は「親切・素直・一所懸命」です。思いやりをもって、素直にすべてを受け入れ、何事にも一所懸命に取り組むことで、多くを学びとる。失敗をしても言い訳をしない。言い訳はすべて正しい。ただし、正しいのはその人にとってだけです。相手のことを考え、相手の立場を素直に受け止めれば、そこには自分にはない大きな学びがあるのです。
私たちと一緒に学びましょう。

4. 挑戦し続けるひと

私たちは民間のお客様を中心に多種多様な設計をさせて頂いています。街のランドマークとなるオフィスビルや商業施設、地域に愛されるクリニックや福祉施設、都会的で洗練されたマンション、自分だけの快適なフルオーダーメイドの住宅、生産性や効率のみならずそこに働く社員さんのモチベーションまであげてしまう工場などなど、そのそれぞれが絡み合い高めあうことでより良い設計を目指しています。挑戦できる環境は整っています。あとは自分の身を投じてやるかやらないか。ただそれだけです。設計とは未来に挑戦することです。
私たちと一緒に挑戦しましょう。

共に汗を流し、涙し、笑いあえる仲間をまっています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 担当:総務部 喜久 美由樹、企画設計部 市川 智史


 新卒採用 インタビューはこちらから
 中途採用 インタビューはこちらから

 

新卒採用 インタビュー

市川係長

第1企画設計部 主任
市川 智史
33歳)

・宇都宮大学大学院 工学研究科 建設学専攻 卒
(建築学講座)
・一級建築士








  




◆入社のきっかけ

代表の熱い想いを知り、輝いて見えたから。

学生時代には、休学して欧州13ヶ国を視察し、海外の建物を見て回るなど、とにかく"建物"が好きでした。将来は設計事務所で働きたいという想いをずっと抱いていました。

 

 

当社のことは栃木県内で著名な建築物を多数手掛けていたこともあり、もともと興味を持っていたのですが、入社の決め手となったのは『代表がとても輝いてみえた』から。面接で直接お会いして代表の熱い想いを知ることができ、この会社なら「チャンスがある」と思ったのです。その考えは決して間違いではありませんでした。変化が求められる会社ですので、やる気があれば沢山のチャンスが巡ってくる環境です。

 

◆この仕事のここが好き!

美しい建築物を建て、お客様に想像以上の感動を与えられる仕事です。

私は「建築の力」はとても大きいと感じています。創造することの楽しさ、お客様と夢を共有することの喜びを、仕事を通して常に感じています。建築に携わっていると、自分の価値観が大きく変わる瞬間があります。たとえば、いつも見ている空であっても、毎日色が変わり雲の位置も変化していく。こうした景色の美しさに気づくことができるのも、建築を通して周りの風景や建物のデザインを常に考えているからだと思います。

 

私たちは「美しい建築物」をつくることを目指していますが、それは単に芸術品のような美しさを指すのではありません。お客様が想像した以上の感動を与えられることが、その建物に付加価値を与え、美しさとなるのです。お客様が言葉にできない想いも汲み取り、夢を実現させていくことが私たちの役割だと考えています。

 

◆現在の仕事内容

【福祉施設研究プロジェクト】に配属

2008年に入社してから、住宅、幼稚園、保育園、医療施設、事務所などあらゆるプロジェクトに携わってきました。現在は【福祉施設プロジェクト】の係長として、高齢者福祉施設、障がい者施設、児童養護施設など、さまざまな福祉施設の建築設計を手掛けています。

 

◆仕事をする上で大切にしていること

お客様の夢や想いを共有することです。

お客様がどのような建物をつくり、そこで何を実現したいのかをヒアリングして、夢や想いを共有することが一番大切です。目的を明確化していくことから基本設計は始まっていると言えます。お客様の想いにプロの視点でアドバイスを行いながら、より良い建物を完成させるように尽力しています。

  



吉村さん

第3企画設計部 
吉村 亮
27歳)










  




入社のきっかけ

代表の想いや熱意に感銘したことです。

建築設計やデザイン事務所は沢山ありますが、その会社の目指す方向性が自分とは異なっていたり、会社の印象があまり良くなかったりと、なかなか自分に合う会社を見つけられずにいました。会社選びを続ける中、たまたま帰省した際に、建築業に就いている愛媛の父のもとに届いていた当社からの年賀状を見つけたのです。この偶然が当社に興味を持つキッカケとなりました。最終的には、面接を通して代表の想いや熱意に感銘したことが入社の決め手となりました。

 

 

代表をはじめ、当社で働く社員は皆高いプロ意識を持っています。チーム内でも互いの意見が異なり、議論がヒートアップすることもしばしば...。良い意味で個性が強いメンバーです。私も徐々に意見を述べることが出来るようになり、最近本当に仕事を面白いと感じられるようになってきました。

 

◆この仕事のここが好き!

設計した建物が形になり、お客様の喜びの声を聞けること。

   入社後に初めて携わった案件が、クリニックの設計デザインでした。そのクリニックが無事竣工し、

完成見学会に行った時は本当に感激しました。学生時代はどんなに頑張っても模型作りまでしか行うことが出来ませんでしたが、実際に設計した建物がこの先何十年も残り続ける一つの建物として出来上がる。その喜びはとても大きいものです。自分の仕事の成果を形として残すことが出来るからこそ、今の仕事に精一杯取り組めるのだと思います。

 

◆現在の仕事内容

【福祉施設研究プロジェクトに配属

迷ったらお客様にとっての一番を考える

CADや模型を使って建築物の企画・設計を行っています。工業高校時代から大学院まで建築の勉強をしてきたのですが、やはり学業と仕事では大きな違いがあることを、働きはじめて改めて実感しました。
学生時代は、いわば自己満足の世界。好きなように設計をすることが出来ますが、現実には予算などの制約や、お客様のご要望などを踏まえて設計しなくてはなりません。当社の建築は、お客様が第一ですから、迷いが出た時は、お客様にとって何が一番かを考えるようにしています。たとえば福祉施設にとってのお客様は、理事長、施設長であり、利用者の方であり、利用者のご家族でもあります。建物を利用する方の想いに立ち返ることで、自然と答えは見えてくるのだと思います。


◆これからチャレンジしたいこと

個人住宅の設計にチャレンジをしたい
当社の建築設計は大きく分けて7つのプロジェクトに分かれていますので、非常に幅広い案件に携わるチャンスがあります。建物の種類によって様々な特性がありますので、今は出来る限り多くの経験を積むことに注力したいと考えています。そしていつか個人住宅の設計にもチャレンジしたいです

  



前澤さん

第1企画設計部
前澤 勇気
26歳)

・一級建築士








 


入社のきっかけ

代表の熱い想いに惹かれました!

建築の勉強をしていた専門学校は、当社が設計した【エフエム栃木本社屋(レディオベリー)】の近く。この建物を初めて見たときは、「なんてカッコイイのだろう!」と衝撃を受けました。 その頃から当社のことは知っていて興味や憧れを抱いていました。

採用面接で代表に会った瞬間、熱いオーラを感じました!代表自らの会社に対する想いや目指すべき姿を熱く話していただき、その想いに共感し入社を決めました。

当社の自慢ポイントを挙げると、本当に『活気ある会社』だということ。朝礼時も挨拶練習や今日のありがとう発表(日毎に感謝した出来事・社員を発表)などが行われています。社員一人ひとりのモチベーションが高く、私自身まわりから刺激を受けながら切磋琢磨して仕事に取り組んでいます。

 

◆この仕事のここが好き!

 自分が設計した図面が一つの空間となって出来上がることが何より嬉しい
現在入社3年目になりますが、年間で20棟くらいの建築設計に携わっています。 たとえ一部分であっても自分が設計した図面が一つの建物・空間として完成するということは、とても嬉しいですし、この仕事の一番のやりがいだと感じております。

◆現在の仕事内容

 【医療施設研究プロジェクト】に配属

建築設計担当として、医療施設の建物図面作成、確認申請業務を行っています。確認申請とは、建築工事が着工する前に、その計画が建築基準法に適合するものであることについて、行政に確認の申請書を提出する仕事。交付が遅れると工事がスタートできないので、決められた期限までに業務を滞りなく進めることが大切です。

 

 学生時代に2級建築士の資格取得を目指し、建築関連の法令を勉強してきましたが、その本質が分かったのは仕事を始めてから。実際に確認申請を行い、業務上これらの法令がどのように必要になるかを学びながら、昨年念願の一級建築士試験に合格することができました。一方、建築物は一人では完成することができませんので、チームワークを大切にし、こまめな報・連・相を心掛けています。

 

◆これからの夢・目標
   完成見学会の際にお客様の喜ぶ顔を見ると、〝単なる建物"としてではなく、その空間に楽しんで

 住まわれているのだなと感じることができます。私達が設計した建物が、最終的にお客様の笑顔を生み出し、地域社会の役に立てることを誇りに思います。
 今はまだ建物全体を設計することはないですが、いつかは自分で一から全て設計して一つの建物を完成させたいです!

  

半田さん

第1企画設計部 
半田  亜美
30歳)

・オハイオ州立大学 理工・建築学部
・ランドスケープ アーキテクチャ科 卒











 

◆建築を好きになったきっかけ

One of the reasons I decided to pursue my career in Architecture was that I have always loved looking at beautiful buildings. In the United States, where I grew up, my heart pumped up every time I walked down the street to visit friends after school, or while waiting for a school bus to pick up in the mornings. Architecture in the Western culture was much different than in Japan. Junior high school building I attended was located in middle of downtown, and was probably about decades of years of old; a three-story building with layers of red brick outer-wall. It was nothing special, and just a typical colonial/British styled school building around in middle-eastern states.  However, I was so excited to just being in it, and suddenly interested in learning deeply more about Architecture. I went on majoring in Landscape Architecture in college, and the fourth year there was the most memorable moment; visited 'Falling Water' by Frank Lloyd Wright. He has been and still is my favorite architect and visiting his most famous project had completely changed my world.

 

建築を志したきっかけは、アメリカで様々な建物を観たことでした。アメリカで育った私は、放課後友人の家に遊びに行く時に通った道からスクールバスを待っている間に観ていた近所の景色まで、日本にはない風景を珍しく、また美しく感じました。西洋建築は日本とは違いました。通っていた中学校は街中にありました。古い、何の変哲もない、中西部ではどこにでもある、3階建の英国風の赤レンガ造り。木の枠で出来たサッシや建具。それらを観てとても興奮しました。もっと、建築を学んでみたいと思い、大学では建築学科のランドスケープ・アーキテクチャーを専攻しました。4年生の時、アメリカを代表する建築家「フランク・ロイド・ライト」の「落水荘」を観る機会がありました。あの時の興奮と言ったら、言葉にならないほどでした。

 

 

◆休日の過ごし方

Traveling!

I am a very active person and love socializing with people. On weekends, my husband and I love taking our children out to the parks. And, we are always out of our house doing something such as driving, shopping..etc! I also love traveling. On holidays, my family loved to travel and see around the world. We were always on vacations; San Francisco, Los Angeles, New York City, Boston, Detroit, Chicago, Vancouver, Montreal, Quebec, Toronto, Miami, Orlando, or  even overseas in Bahamas, Mexico, Aruba, Dominican Republic, France, Greece,..etc the fact that I had chances to see  hundreds of beautiful buildings gives me inspirations that reflects on my designs!

 

私はとてもアクティブで、人と接することが大好きです。週末は子ども達を連れ、外にでることが好きです。長いお休みには旅行をします。幼少の頃より、旅行が大好きだった両親に連れられて沢山の街・国々に行きました。そこで観た建物が、今の私に沢山のインスピレーションを与えてくれています。

 

 

 

◆これからのビジョン

I love how Architecture composes streets, and streets compose buildings in the Western culture. A mass of these scenes makes our lives together; a house with family, grocery store, shopping mall, school, office, parks..etc. It seems so ordinary, but Architecture is a necessary fact of our lives. I am applying these valuable experiences on my practice in Architecture now.

   I am proud to be a part of Watanabe Yuki Architecture Planning. In the next 10 years, I would like to continue to work here as an architect and be involved in a large varieties of different projects. Through my experiences in the United States, I believe I can contribute to evolve in a field of Japanese Architecture. 

 

建築はまず、道を造ります。道の連なりが街を造ります。そんな欧米の考え方が大好きです。私達の日常の風景である家々、商店街、公共建築物、公園、等この集まりが建築なのです。この貴重な体験を今、お仕事に活かせるような環境に居ます。

    我が社の一員とさせて頂いていることを誇りに思います。我が社で10年後、これまでの体験や勉強したこと、また沢山の物件を通して、日本の建築を変えられるような建築士になりたいと思っています。

荒木さん

第2企画設計部 
荒木 智帆
23歳)

・武蔵野大学 環境学部 環境学科
・二級建築士






 



◆入社のきっかけ

社員の皆さん一人一人が楽しそうでした!! 

東京で開催された、会社説明会に参加した時の印象がとても良く、社長のお話に社員全員が内容にうなずいて、笑いどころでは皆が本当に笑っていて、すごく楽しそうな会社だと感じ、こんな会社で働きたいなと強く思いました。

  

実際入社してからも同期だけでなく、先輩も上司も皆含めてランチを共にでき、話かけやすい雰囲気ですし、皆さんからもどんどん話かけてくれます。 楽しいというと語弊があるかもしれませんが、仕事そのものも会社そのものも楽しく感じております。

 

◆この仕事のここが好き!

イメージが図面によって形となってくるとワクワクします!!
設計をスタートする段階では、大まかなイメージですが、 そのイメージを実際の図面に起こしていく過程で、目指す形が見えてきます。 特に、展開図、立面図等はその建物の姿形が見えてくるので、自分が図面を作成しているのにどんどんワクワクしてきます。

 

ある案件の現況図を一から作成する機会をいただき、測量データをもとに一つ一つ丁寧に作成していきました。新たな建物を設計したわけではないのですが、出来上がった時の達成感というか、書き上げたという実感がずっと心に残っています。

 

 

◆現在の仕事内容

【幼稚園・保育園研究プロジェクト】に配属

2DCADを用い幼稚園・保育園等の建築物の企画・設計を行っています。
建築図面には、建物を作るための様々な情報が記載されています。単純に建物の線を引けば良いというものではなく、どこを変更したのか、文字情報をどう記載すれば見やすいのか、誰が見ても分かりやすく、建物のイメージが湧きやすい図面作成を心がけています。

◆社会人となり意識していること
仕事として業務を行っている以上、上司・先輩とのコミュニケーションが必須です。

社会人になり特に感じることが、報連相の大切さです。ただ話せばよいわけでなく、伝わりやすい報連

相を意識しています。

 



梅田さん

第1企画設計部 
梅田 信太郎
(23歳)











 

◆入社のきっかけ

建築家集団として組織力に惹かれました。
スタッフ一人一人の力感は本当にすごいと思いました。プロジェクト毎にその内容を突き詰めていますし、本当に数多くの物件の設計を行い、その知識・経験をより大きくされているのだなと感じます。

そんなプロ集団の先輩たちですが、本当に良く面倒を見てくれるのです。 会社説明会で感じた雰囲気の通りでした。時間よりだいぶ早めに会場に到着したのですが、社員の方々がいろいろと話かけてくださって、良い雰囲気の会社だなとその時に感じました。 この感覚が間違いではなかったと実感しています。

 

◆この仕事のここが好き!

初めて携わった案件が形になった瞬間が忘れられません。
設計公募の案件だったのですが、入社してすぐに設計補助として携わりました。公募案件であったため、実際の建築物として当選はしなかったのですが、設計図面や各種書類、パース等、設計内容により建物の姿が表れた瞬間は、本当に嬉しかったですし、今もその感動が忘れられません。

建築設計という仕事は、その建築物を利用する方のために、1対1の「ものづくり」をしていると考えています。目の前にいるその方のために、想いをこめて設計をしていく。
一つの仕事に集中でき、まっすぐに向き合えるところは、本当にすごい仕事だなと感じています。

 

◆現在の仕事内容

オフィスビル・工場研究プロジェクトに配属
工場や官公庁物件の耐震診断業務、企画設計業務を行っています。
比較的大きな物件を担当しているのですが、どんなに大きな物件とは言え、本当に細部にわたるまで注意を怠らないよう気を付けています。

特に耐震診断業務等では、築年数も多い物件となります。だからこそより多くの問題点や、修繕点が発生してきます。だからこそ私達建築のプロが詳細部まで目を凝らす必要があると考えているのです。建築物には、そこに住まう人、利用する人等々多くの方々が関係しています。その方々に対しての責任があるのですから、自分自身の行動・業務に対し、日々振り返り、見落としや気づかなかった点がないか確認していくことが本当に大切だと感じています。



土屋さん.jpg

第1企画設計部 
土屋 学
26歳)












入社のきっかけ

  I simply like Yuki Watanabe's passion for architecture. Also, when I visited this office, I felt the lively atmosphere that all the staff are dedicating themselves to design buildings.

I wished to be part of it.

代表の建築に対する想い、会社の理念に共感しました。

また、社員の皆さんが建築設計に本気で取り組んでいて、イキイキと働く姿をみて、

自分もその一員になりたいと感じました。

 

◆建築に興味をもったきっかけ

Originally, I was studying music and recording . I'd studied liberal art in Seattle, US for three years.Surrounded by the different landscape, I eventually got interested in architecture.After I came back to Japan, I studied architecture.

もともとは音楽とレコーディングの勉強をしていました。アメリカのシアトルに3年間留学しました。

そのなかでいつもと違う町並みに囲まれ、建築に興味を持ちました。

日本に戻ってから、建築の勉強をして今に至ります。



◆今抱いてる目標

To design buildings that could improve people's lives practically.To design buildings that could make the city beautiful.

生活が向上する建物を設計したいと思います。

綺麗な町並みを作ります。

 

◆今現在学んでいること

 オフィスビル・工場研究プロジェクトに配属

Since I first worked here, I can feel my knowledge is expanding.The more I learn about architecture, the more I find what I lack and need to seek.Now I feel "architecture" is full of possibility. I really enjoy practicing architecture.

この会社に入社してから、自分の成長をとても感じる事が出来ています。

そして知識、経験が増えれば増えるほどに自分の知らない事、知りたいことが多く増えてきて、世の中の広がりを感じています。

また、それと同時に建築の奥深さ、可能性、楽しさを多く感じる事が出来ています

 

 

 

中途採用   インタビュー

渡辺常務

常務取締役 第1企画設計部 部長
渡辺 政史

・一級建築士
・設備設計一級建築士
・栃木県震災建築物応急危険度判定士











入社のきっかけ
以前は、東京のエンジニアリング会社の設計部に勤務していました。当時の日本は、社会全体が活気に溢れていて、建設業界も勢いがありました。17年間の勤務中には本当に色々な経験をさせていただきました。私は長男でしたので、いずれは両親の住む実家に戻るつもりで、蓄積した経験を活かせる地元宇都宮の設計事務所を探していました。当社への入社は、民間実績と多岐にわたる設計事例が大変豊富だったこと、代表の溢れる情熱と、チームワークの良いスタッフのエネルギーがすばらしかったことなどが決め手となりました。
◆現在の仕事の内容
 【医療・福祉施設研究プロジェクト】配属

医療・福祉施設研究プロジェクトを含む第一企画設計部の部長として、まとめ役をさせていただいています。建物の企画立案に始まり、設計監理までをチーム一丸となって竣工までやりきった充実感に加え建主様とご利用されるお客様の笑顔が何よりのご褒美です

◆設計をさせていただいて日々思う事

一つひとつ建物を創り、街という面へ新しい魂の点を挿入し、逆に街から力をもらっているような気がします。そのような関わり合いの中で、地域への貢献、建主様への幸せ創造につなげられていけるように願って設計させていただいています。まさに我社の理念である「都市を創り 人が輝く 感動を創り 未来が輝く」の実践の日々の積み重ねです。
親切・素直・一所懸命をモットーに、スタッフが力を合わせて毎日ギリギリ限界まで設計に精力を注ぎ、少しでもより良いものへとすべく取り組んでいます。 

大好きな仲間たちと、こうして設計という仕事をさせて頂いているのも、ご依頼くださる建主様のおかげであります。好きなことを楽しく創造させて頂ける感謝の日々です。
◆建築を目指す人へのメッセージ

設計と一言でいってもこれはとにかく奥が深く、とどめる所がありません。たとえば、住宅。ここで生まれ、ここで育っていく子どもたちの成長に体験する空間の基礎となるものが住宅なのです。暮らしの中で毎日手に触れ、目に入ってくる色で無意識のうちに感性をはぐくんでいく。家族感、子育て感を空間として表現したものが住まい、すなわち住宅であると思います。そこで暮らす家族の将来を担うものですから、設計者の責任はとにかく重いのです。このことをしっかりと自覚し、建主様のために思いをいかに表現できるかを考え続けられる人がすばらしい設計者だと思います。

 



 

| 経験者採用について | 求める人物像とは? | お問い合わせ |

| 新卒社員インタビュー | 中途社員インタビュー |

 



渡辺有規建築企画事務所への資料のご請求・設計無料ご相談など各種お申し込みはこちらから

建築設計に関するどんな些細な疑問・質問にもお答えいたします。WARPへのご要望などございましたら、お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせは028-610-8833まで