黒しお鮨 様|会社案内:栃木県宇都宮市の設計事務所|渡辺有規建築企画事務所

WARP

海がない栃木でも最高に旨い魚を食べてもらいたい。『栃木の海』から『世界の黒潮』を目指して 

お客様インタビュー:黒しお鮨 様

お客様にとっても活きのいい魚を提供するのはもちろんなんですが、働いている社員も一人ひとり個性のある魚たちなんですよ!カレイみたいに床を張っていくような堅実な子がいたり、マグロみたいに泳いでないと死んじゃうやつがいたり、ピョンピョン飛んでるやつがいたり・・笑  それぞれが生き生きとしていて、活きのいい魚がこれまた活きのいい魚をさばいて、提供しているのが黒しお鮨なんです。

海がない栃木でも最高に旨い魚を食べてもらいたい。『栃木の海』から『世界の黒潮』を目指して 

-本日はお忙しい中、お時間頂戴しまして、ありがとうございます。

早速ですが、黒しお鮨についてお教えいただけますか?

 
 昔は、今東日本ホテルになっている場所にあったビルの1階に、カウンター4席とテーブル4名席くらいの小さな小さな寿司屋から始まったんです。私は、小学2年生のころから店に立って手伝いなんかよくしていました。お店の近くのアパートに住んでいたんです。
 
 

-小学2年生から手伝われていたんですね!

 
 そうなんです。その頃からお店を引き継ぐ気持ちというか、父の背中を四六時中見ていますからね、他の道に進むってことは考えなくなっちゃったんですよね。
 高校を卒業して、東京に修行に行きました。5~6年東京で働いて、23歳のときに帰ってきました。黒しお鮨に入社する時には、本当に下っ端から働きました。ずっと働いている従業員さんもいたし、みんなに認めてもらうには1からしっかり教えてもらって、まだまだたくさんの事を学ぶ必要がありましたからね。
 
 

-いつ代表取締役になられたのですが?代表になられた時はどんなお気持ちでしたか?

 
 2011年に代表取締役になりました。うちのお店は「栃木の海」っていうキャッチフレーズでやっているんですね。お客様にとっても活きのいい魚を提供するのはもちろんなんですが、働いている社員も一人ひとり個性のある魚たちなんですよ!カレイみたいに床を張っていくような堅実な子がいたり、マグロみたいに泳いでないと死んじゃうやつがいたり、ピョンピョン飛んでるやつがいたり・・笑
 それぞれが生き生きとしていて、黒潮という店名もありますがら、活きのいい魚がこれまた活きのいい魚をさばいて、提供するというイメージをもってやっているんです。
 
 父の代の時は、やはり創業という事もあって生きるか死ぬかでやっているところもあったと思うんですが、2代目になるとだいぶ気持ちも違うところもあって各々の個性に合った時代にもあった形を創って行きたいと思っています。
 今、若い人たちも元気がないって言われるじゃないですか。ナヨナヨしたり草食系なんて言われちゃって・・そんなんじゃなくて、もっと目を輝かせて未来に向かって夢をもって目標もって・・そういう場所になりたいって思ったんです。
 
 

-ホームページの採用ページでも感じたのですが、“想い”が伝わってきて、とてもワクワクしてきました!お店に入ってもみなさん気持ちの良い挨拶で元気をもらいました!

 
 これからは人と人との関係を大切にしたいと思っています。
 この間は、社員さんと一緒にキャンピングカーで仕入れ先の大分まで御挨拶に行ったんですよ。漁師さんはね、行くと一緒にお酒を飲むんですよ。これでこそ、漁師さんの顔が見える魚になるんですよね。ちなみにお店の個室の名前は全部俺が言ってる漁港の名前になってるんです。酒を酌み交わした相手の漁港ですよ!
 
 

-従業員さんも大将のもとで働けたら楽しいでしょうね!

 従業員さんとの関係に関しては、大将の中でどういった想いがあるのですか?

 
 楽しいのがいいよね、人生はエキサイティングじゃないと!
 社員さんにもアルバイトさんにも社員の奥さんにも誕生日には花束を贈っているんです。社員さん本人にはあげるってよくあるけど、奥さんには、誕生日にうちの店で旦那は働いて、奥さん家で一人の時だってあるじゃない?だからお花をお贈りする。
 
 「黒船ファミリー」って、楽しいでしょ。この中に社員さんの名前を書いてファミリーの一員であることを確認して自分の役割を認識してもらうんです。理念も「理念」って言葉で額なんかに飾っちゃうと堅苦しいでしょ?それじゃ面白くないから、こんな風に掲げてるんです。
 こういう想いで仕事をすると、みんな仕事って楽しいんだって感じてもらって、高校生とかもアルバイトさんで来てもらってんだけど、その子たちにも夢持ってもらいたいと思っています。
 
 

-一緒に働きたくなるような、心を突き動かされるような熱い想いを感じます!

 最後に大将の夢をお聞かせいただけますか?

 
 うちのお店は“栃木の海”を目指しているんですが、まだまだ水たまりです。だから水たまりをいくつもくっつけていって、栃木の海になり、世界の黒潮になることが黒しお鮨の夢です。

 栃木県は良いことに海がないですから、海があれば魚が美味しいのは当たり前。だからこそ栃木県の人たちに美味しい魚を食べてもらいたい!
 社員一人ひとり夢を持っているから、俺が先頭になってどんどんやって、「俺もできるからみんなも続け!」って、背中で伝えていきたいと思っています。
 
 
-熱い想いをたくさん聞かせていただきました。
 お忙しい中ありがとうございました。
 2代目大将の今後のご活躍を心より期待しております!
 

無料設計相談

無料設計相談 お電話でのお問い合わせは028-610-8833 受付時間 平日9:00~17:00

詳しくはこちら

  • 医療施設のご提案
  • 福祉施設のご提案
  • 集合住宅のご提案
  • 飲食・物販・健康施設のご提案
  • 個人住宅のご提案
  • オフィスビル・工場のご提案
  • 保育園・幼稚園のご提案
  • WARP主催セミナーのご案内
  • 土地資産有効活用企画
  • 耐震診断のご案内
  • 万が一に備えて「定期報告制度」
  • リニューアル・リファインプラン
  • お客様インタビュー

渡辺有規建築企画事務所への資料のご請求・設計無料ご相談など各種お申し込みはこちらから

建築設計に関するどんな些細な疑問・質問にもお答えいたします。WARPへのご要望などございましたら、お気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合わせは028-610-8833まで